FC2ブログ

あろまんろまん綴りbyメンタルクリーン

aromaindTherapyアロマセラピーとマインドセラピーのこと、そして日々のロマンを綴ります~
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

猫の恋

「両方に髭があるなり猫の恋」

猫好きの私のハートをつかんだキュートな俳句。
俳句といえば季語があるはず・・・季語は?
調べたら、「猫の恋」 これが今の季節(早春)の季語だそう。

芭蕉は「猫の恋 やむとき闇の朧月」なんて浪漫チックに表現してるし。
20080906_1923_000.jpg

写真はうちの子 ↑  ↓
20071030_2003_000.jpg

芭蕉は他にも猫の恋を季語に俳句を詠んでいる。
芭蕉も猫好きだったのかな・・・。

猫も恋するこの季節
今月は人間界でも 恋するオトメの大イベント、バレンタインがありますしね。

余談ですが、
私の初恋のひとのご紹介、

速水真澄さま
masu1.jpg

速水真澄さまにチョコを渡すことはできなかったけれど、
リアルな初恋のひとには名前なしで、チョコをあげた思い出が、・・・あります。
(チョコレートにポエムを添えて・・・)

家を知ってたので、妹にポストにいれてくるようお願いした。
決行してもらったのはバレンタイン当日の寒い朝。

そんな中での私の細かい指示に不満があったのか、
生意気にも
「バレンタインに名無しでチョコあげる意味がわからん」
と怒り口調で言っていた。
「〇〇(妹の名前)にはまだわからないのよね、オトメの気持ち」と返したら、
鼻で笑われたんだった

カウンセラーになってから、
初恋がテーマになったとき、
このお話を同僚にしたら、

それは恋する自分に恋してる行為だ、
自己愛だ、やれナルシーだと散々言われ、
ポエム付きといったひには爆笑されてしまった。

確かに、恋に恋していた私の初恋だったけど
だれでも良いわけではなかった。
そのひとでなければいけなかったので、
誰がなんといおうと、
恋は恋

あろまんMICHIKOの大切な初恋の思い出です
関連記事
スポンサーサイト



【 2014/02/05 】 あろまん綴り | TB(-) | CM(1)
以外なプライベート、もっとたくさん書いてください
【 2014/02/19 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する